市会報告: 2020年アーカイブ

2020年

2020年2月市会 加藤あい議員の代表質問

1、2020年予算案について
 ○大型公共事業推進を一層進める一方、暮らしに冷たく背を向けるもの
 ○職員削減や公務の民営化をすすめ、公的責任を大幅に後退
 ○新型コロナウイルス感染症対策へ要望
 ○介護保険の認定給付業務の集約・委託化はやめよ
 ○財源問題、従来の「成長戦略」「行財政改革」ではさらに行き詰まる
2、市政方針2つの転換を
 ○安倍政権の悪政に正面からものをいう市政へ
 ○大型公共事業優先から「人と中小企業」優先へシフトチェンジを
3、子育て・若者支援策について
 ○小学校のような全員制の中学校給食実現を
 ○子どもの医療費支給制度を拡充し、中学校卒業まで無料に
 ○保育士の処遇の抜本的な改善を
 ○若者支援、独自の給付制奨学金制度創設、通学定期改善等について
4、原発ゼロの実現、原子力災害対策について
 ○大都市特有の原子力防災対策を求める
 ○地域防災計画・原子力災害対策編の見直しを
5、ジェンダー平等と性的マイノリティの方たちへの支援について
 ○ジェンダー平等社会の実現を
 ○性的マイノリティ―の方たちの尊厳を守る問題

議員名、発言議会名:

2020年2月市会 赤阪仁議員の代表質問

1、高さ規制緩和を許さず、学校跡地は住民の声を生かした活用を
2、少人数学級実現、マンモス校解消!裁量労働制導入はやめよ!
 1)少人数学級実現を!
 2)神川中学校のマンモス校の解消を!
 3)国の教職員の働き方改革としての裁量労働制の導入はやめよ!
3、市営住宅の浴室改善と必要な人に住居の保障を!
4、公共交通優先のまちづくりと敬老乗車証の運用改善、現行制度維持を!
 1)交通不便地域の解消を
 2)敬老乗車証の運用改善と現行制度の維持を

議員名、発言議会名:

2020年2月市会 山田こうじ議員の代表質問

1、世界遺産・仁和寺前のホテル建設は中止せよ
2、「宿泊施設拡充・誘致方針」の撤回を
3、京都経済の活性化にむけて 消費税の引き下げを
4、すべての中小企業を対象とした支援策を
5、労働者の最低賃金引き上げに必要な中小業者へ支援を
6、新型コロナウィルスによる京都経済、中小企業への影響に万全の対策を
7、唯一の戦争被爆国として核兵器禁止条約の批准を強く求めよ

議員名、発言議会名:

新型コロナウイルス感染症対策の補正予算について、くらた共子議員が討論

議員名、発言議会名:

2019年度2月補正予算について、とがし豊議員が討論

議員名、発言議会名:

市長の政治姿勢/消費税/予算の組み替え 2020年2月市会 井坂博文議員

議員名、発言議会名:

新型コロナ対策・短期証・子どもの安全・学童保育/職員削減問題・公衆衛生/介護認定・給付業務の民間委託 2020年2月市会 くらた共子議員

議員名、発言議会名:

敬老乗車証を守れ/子どもの医療費・国保料、中学校給食/奨学金、通勤定期件の補助 ひぐち英明議員 2020年2月議会 市長への質疑

議員名、発言議会名:

宿泊施設の拡大問題/民泊の規制強化 2020年2月市会 かまの敏徳議員

議員名、発言議会名:

地球温暖化対策/公共交通・市バスの充実/命の水・水道事業 やまね智史

議員名、発言議会名:

新型コロナ対策・中小企業支援/雇用調整基金のフリーランスへの対応 2020年2月市会 玉本なるみ

議員名、発言議会名:

「国民健康保険料の引下げ等」を求める請願の不採択に反対する討論 河合ようこ議員

議員名、発言議会名:

「市営住宅のお風呂の改修を求める」請願の否決に反対する討論 赤阪仁議員

議員名、発言議会名:

予算組み替えの動議 ひぐち英明議員

議員名、発言議会名:

京都市土砂条例に対する修正提案 西野さち子議員

議員名、発言議会名:

2020年度一般会計予算に反対する討論 ほり信子議員 

議員名、発言議会名:

公営企業会計予算案に反対する討論 玉本なるみ議員

議員名、発言議会名:

種苗法、種子法の意見書の討論 山本陽子

議員名、発言議会名:

4月市会・補正予算・討論 新型コロナ対策について ひぐち議員

議員名、発言議会名:

2020年5月市会 井上けんじ議員の代表質問

1、新型コロナウイルスから暮らしと営業を守る緊急課題について
 ◆国や府の施策の要件緩和や額の上積み等、市としての上乗せを
 ◆中小企業等緊急支援補助金の再募集と拡充を
 ◆家賃等の固定費の補助を
 ◆必要に応じた予算の追加を
 ◆10万円の特別定額給付金の支給を急ぎ、DV被害者や各施設入所の方、生活保護受給世帯、家のない方等、漏れなく早く届くよう対応を
 ◆文化芸術奨励金に留まらない柔軟な支援策の創設と運用を
 ◆相談窓口の抜本的改善を
 (1)混んでいる部署への電話回線と体制の増強を
 (2)市が直接、相談に対応し、交通整理を図る仕組みを
 (3)京都市自身が直接市民の声を聞き、暮らしの実態把握を
2、緊急対策充実の為にも、中長期的な市政全般の方向性について
2-1、インバウンド頼みの経済政策・観光行政の反省を
2-2、自治体財政の危機打開のためにも、国の中央集権的財政政策の抜本的転換を
 (1)国の法人税減税の是正と個人市民税の累進化で税収増へ
 (2)削るべきを削り、集めるべきを集めれば財源ある
 (3)大型事業の凍結、減額補正で当面の対策費用に充てるべき
 (4)大型事業の推進、民間化や職員削減、地方自治の魂を忘れた市政こそが危機

議員名、発言議会名:

5月市会 補正予算・新型コロナ対策の討論 玉本議員 6/2

議員名、発言議会名:

6/2 検察庁法及び黒川弘務氏定年延長問題 意見書討論 とがし議員

議員名、発言議会名:

国保加入者にも傷病手当が出るように求める請願の採択を! 河合議員が討論

議員名、発言議会名:

PCR検査体制の拡充、公衆衛生機能の再構築を!7月補正予算・討論 やまね議員

議員名、発言議会名:

議会開催年月別目次

開催議会別目次

ページの先頭へ