トピックス
DSC02817HP.jpg

 20日、京都市が、被災者住宅再建等支援金の申請について、今年3月27日以降から郵送で行うことを決定した件について、申し入れを行いました。申し入れの本文は、以下の通りです。






【申し入れ】

京都市長 門川 大作 様

被災者住宅再建等支援制度の業務実施体制の見直しについて
                           日本共産党京都市会議員団
                                団長 山中 渡

 京都市は被災者住宅再建等支援金の申請について、平成31年3月27日以降の申請相談者からの、申請窓口を各区役所・支所から、市役所に一元化し、申請方法も「郵送申請」にするとしています。しかも、市民からの問い合わせも市役所に専用電話を設置し、その対応を派遣職員配置で対応するとしています。郵送及び電話の対応のみでは、申請から支援金給付までの期間が長引く可能性も懸念されます。申請の増加に伴い、区の窓口業務に負担が生じていることについては、職員体制を強化して対応すべきものです。
 被災をされた市民は心身ともに不安を抱えています。身近な区役所で市民に寄り添う対応をはかることが求められています。市民にとって身近な区役所機能の後退は、市民サービスの後退に直結します。区役所において、災害対応業務に充分にあたることができる体制を構築し、連携をはかり、被災者住宅再建等支援制度の適用と支給がすすめられるようにすることが必要です。
よって、「被災者住宅再建等支援制度の業務実施体制の見直し」は撤回し、区役所の職員体制を強化し、申請業務は各区役所・支所で存続することを求めるものです。

 3月13日に行われた市長に対する予算委員会の総括質疑の「録画」が京都市会ホームページで公開されています。下記の説明に従って、京都市会「インターネット議会中継」ページを開き、ご覧ください。

13日の質問者と質問内容は下記のとおりです。

●井上けんじ議員・・・新景観政策・持続可能な都市構築プラン、救護施設の民間事業者募集と選定問題などについて
●赤阪仁議員・・・大岩山の産業廃棄物の環境指導の徹底、災害に強いまちづくり、原発ゼロへ再稼働への態度表明などについて
●西村善美議員・・・京都市内の経済の実態、「地域企業条例」と中小企業支援、公契約条例の賃金条項の設置などについて
●河合ようこ議員・・・ブラックバイト相談窓口の各大学への設置、京都市独自の奨学金制度の創設、地下鉄・市バスの通学定期の割引率引き上げなどについて
●井坂博文議員・・・消費税10%増税分の転嫁の中止、自衛隊への宛名シール提供問題などについて

DSC02786 inoueHP.jpg
赤阪HP.png
西村.png
DSC02804河合HP.jpg
DSC02805井坂HP.jpg
●「録画」を見るには、下記の説明を参考に➜こちらのページから操作してください。

20190313市長総括2.png



➀赤い矢印「←」マークが示す平成31年度 委員会3月12日(火)の「予算特別委員会(総括質疑)」を押し、
②該当の議員の「録画番号」を押してください。
③「Windows Media Playerで直接開く」を押せば、再生されます。

 3月12日に行われた市長に対する予算委員会の総括質疑の「録画」が京都市会ホームページで公開されています。下記の説明に従って、京都市会「インターネット議会中継」ページを開き、ご覧ください。(本会議一覧の下に表示あり)

12日の質問者と質問内容は下記のとおりです。

●加藤あい議員・・・京都市の甘い景気判断、消費税増税の中止、地方自治を破壊する「自治体戦略2040構想」、職員削減と自治体機能の後退などについて
●玉本なるみ議員・・・国民健康保険料の引き下げ・均等割りの軽減対策、介護保険介護認定業務の民間委託問題などについて
●山本陽子議員・・・子どもの医療費支給制度の拡充、全員制の中学校給食の実施、幼児教育・保育の無償化と保育の質の確保などについて
●くらた共子議員・・・宿泊施設拡充誘致方針の撤回・観光客の総量規制、元植柳小学校の跡地活用、「簡易宿所」「民泊」を規制する条例の改正などについて
●山中渡議員・・・公営企業に対する消費税増税と転嫁、水道事業の広域化・民営化問題などについて

加藤.png
玉本.png
山本.png
くらた.png
DSC02785 yamanakaHP.jpg





●「録画」を見るには、下記の説明を参考に➜こちらのページを開き、操作してください。




20190312市長総括1.png
➀赤い矢印「←」マークが示す平成31年度 委員会3月12日(火)の「予算特別委員会(総括質疑)」を押し、
②該当の議員の「録画番号」を押してください。
③「Windows Media Playerで直接開く」を押せば、再生されます。

昨日(3月10日付)京都市内の京都新聞と朝日新聞の朝刊に、全面で日本共産党京都市会議員団の市政報告を掲載しました。ぜひ、お読みください。

京都、朝日 全面広報.png


 党市議団は、市民と共に、国民健康保険料の引き下げを求め、また、敬老乗車証を守る運動を進めて来ました。その活動報告ビラを発行しています。

 ぜひ、ご活用ください
 「国民健康保険料の引き下げを」➜「国保料引き下げを」市政報告ビラ201903.pdf

国保ビラ.png



















敬老乗車証ビラ.png


京都市内のリビング京都(無料配布新聞)3月9日付に全面で日本共産党京都市会議員団の市政報告を掲載しました。ぜひ、お読みください。

リビング 全面広告 訂正後.png






















※印刷物の一部に、下記のように誤りがございました。各政党の関係者及びリビング京都の読者、党支持者の皆様には、大変ご迷惑をおかけ致します。ここに深くお詫びし、訂正させていただきます。

 同市政報告の中央にある消費税増税中止を求める請願への態度(2018年9月市会)の一覧表の欄外下の「〇反対 ✕賛成」は誤りで、「〇賛成 ✕反対」と訂正いたします。

 京都市は、防衛省と自衛隊の求めに応じて、2019年度に18歳と22歳になる市民の個人情報(名前、住所)を「宛名シール」で提供しようとしています。

 安倍政権が、自衛隊に武力行使を伴う任務を負わせ、世界中どこでも派遣できるようにしたもとで、自衛隊募集に積極的に協力することは、戦争へ協力することにもつながります。京都市は、このような戦争協力をやめるべきです。

 市議会では、日本共産党の追及のもとで、個人情報の「利用停止請求」を行うものについては、「宛名シールから除く」ことになりました。➜京都市HP
 党議員団としてこのことをお知らせする市会報告ビラを発行しました。ぜひ、お読みください。

 京都市は、すべての18歳と22歳に対し、意思を確認すべきです。党議員団は、今後も市議会で強く求めてまいります。

利用停止請求の用紙は、こちらをご利用ください。
 ●18歳と22歳の本人又は、法定代理人が記入する用紙➜個人情報 利用停止請求書 本人・法定代理人.pdf
  ※法定代理人が提出する場合でも、証明書が必要です。
 
 ●任意代理人が記入する用紙➜個人情報 利用停止請求書 任意代理人用.pdf
  ※任意代理人が利用停止請求を行う場合は、本人の「委任状」と証明書、任意代理人の証明書が必要です。

自衛隊への宛名シール提供問題.png


_WTB5589_isaka1.jpg
nishino.jpg
平井.jpg



 2月25日、井坂博文議員、西野さち子議員、平井良人議員が、京都市会本会議で、議員団を代表して行った「質問と答弁の大要」を「市会報告」に掲載しています。

井坂博文議員の「質問と答弁の本文(大要)」は、こちらをクリックしてください。➜20190225 井坂議員 代表質問と答弁の大要HP.pdf
【井坂博文議員 質問項目】

1、新年度予算編成方針における市長の基本姿勢について
2、公共サービスの民間委託方針の撤回を
3、介護保険認定給付業務の集約・民間委託化と嘱託職員130人の雇い止めはやめよ
4、防災対策の強化、早急な倒木撤去と倒木未然防止対策を
5、追加施工と工事費膨張の京都市美術館再整備について検証を
6、子どもの医療費支給制度、中学校卒業まで無料に
7、消費税の10%増税中止を国に求めよ
8、安倍政権による大軍拡と憲法9条改憲による「戦争する国づくり」ついて
9、自衛隊への宛名シール提供はやめよ
10、核兵器廃絶国際署名の推進と憲法を生かした平和行政を
窓口業務民間委託 井坂質問パネルHP.png














西野さち子議員の「質問と答弁の本文(大要)」は、こちらをクリックしてください。➜20190225 西野議員 代表質問と答弁の大要HP.pdf

【西野さち子議員 質問項目】

1、高さ規制の緩和、特例許可制度など新景観政策の見直しは撤回を
2、国民健康保険料の抜本的引き下げを
3、敬老乗車証制度の見直し断念と公共交通不便地域の改善を
4、大岩山建設残土の恒久対策と土砂条例制定を
5、市営住宅の「ストック総合活用計画」の見直しと市営住宅の公私負担見直しを
6、旧東部クリーンセンターの跡地は民間への売却ではなく、住民の声を生かした活用を

平井良人議員の「質問と答弁の本文(大要)」は、こちらをクリックしてください。➜20190225 平井議員 代表質問と答弁の大要HP.pdf

【平井良人議員 質問項目】

1、京都市はオーバーツーリズムであり、宿泊施設の総量規制が必要
2、小規模簡易宿所での施設内管理者の常駐と住宅地での宿泊施設の規制を
3、中小・小規模企業の振興をはかる条例の制定を
4、大学生への給付制奨学金制度の創設を
5、奨学金の返済支援制度の創設を
6、ブラックバイトの根絶へ、大学ごとの相談窓口や労働法制学習の機会を
7、温かい全員制の中学校給食の実現へ
8、市バス料金の消費税転嫁による値上げはやめよ
9、水道料金、下水道料金の消費税転嫁による値上げをやめよ

奨学金貸与者自己破産 平井質問パネル.png


 2月25日、京都市役所前で、京都自治体要求連絡会の早朝宣伝が行われました。
 日本共産党からは、京都市会議員団の平井良人市会議員が、代表質問 を前に、市民や市職員の皆さんに呼びかけました。

20190225早朝宣伝 HP.jpg

DSC02667HP.jpg

DSC02674HP.jpg


2月25日(月)、2月市会の代表質問が行われます。
 日本共産党の質問は、
 午後1時40分ごろから、 井坂博文議員
 午後3時00分ごろから、 西野さち子議員
 午後3時40分ごろから、 平井良人議員 が行います。

 ぜひ、市会へ傍聴にお越しください。
 また、京都市会ホームページでは、「インターネット議会中継」のページで傍聴することができます。

 質問項目については、下記のビラを参考にしてください。
 クリックすると大きくなります。

20190225代表質問傍聴ビラ 画像.png

月別アーカイブ

ページの先頭へ