宿泊税条例案の継続審査を求める、本会議での動議 - 市会報告

宿泊税条例案の継続審査を求める、本会議での動議

写真
終了本会議討論
ひぐち英明議員
 日本共産党京都市会議員団は、議第76号、京都市宿泊税条例の制定の議案について、継続審査すべきとの動議を提出いたします。以下、その理由を述べます。

 今回の議案は、京都市での宿泊者に対して課税徴収をしようとするものです。
 しかし、違法「民泊」を把握できない状況のもとでは課税対象の捕捉すらできず、税の公平性が担保されないこと、中小零細業者の負担が大きいこと、目的税と言いながら使い道が事実上限定されていないこと、そもそも累進制という税本来のあり方と逆行することなど、問題が山積しており、関係者などからの意見を更にしっかりと聞き、市民的な議論を重ねることが必要です。
 以上、継続審査を求め、動議を提出いたします。

議会開催年月別目次

開催議会別目次

ページの先頭へ