京都市会における更なる改革についての申し入れ - 見解・声明

TOPICS ICON京都市会における更なる改革についての申し入れ

市会改革推進委員長 田中明秀 様

日本共産党京都市会議員団 団長 山中渡

 京都市会において、主権者市民の権利保障と二元代表制のもとでの議会の役割発揮、議員の立法機能と行政や首長へのチェック機能の役割を果たすことが切に求められています。市民に開かれた、市民に役に立つ議会への改革をめざす立場から、議会運営に関する当面の改善策について以下の通り申し入れます。市会改革推進委員長におかれましてはその改革の先頭に立たれるよう求めます。

一、 政務活動費について、今後において、社会的疑念が生じる場合は、常にあり方を見直すこと。

一、厳しい市民生活と京都経済の状況のもと、議員報酬は3割削減し、市民生活の向上にあてる財源とすること。海外行政視察は見送ること。

一、市民に開かれた議会を実現するため、委員会の直接傍聴を実施すること。夜間、休日議会を開催すること。

一、請願者の権利を保障し、議会として責任ある対応をとるために希望する請願者に趣旨説明を認めること。

年月別目次

ページの先頭へ