[声明]市民の皆さんへ - 見解・声明

TOPICS ICON[声明]市民の皆さんへ

日本共産党京都市会議員団

 自民、民主・都みらい、公明などの各会派は、京都市会の議員総定数を2人から4人削減する動きを強め、市民に非公開で、それも3月17日閉会予定の今議会中に決めようとしています。京都市会は最終盤を迎え、議員定数問題について緊迫した事態になっています。
 立法機能や行政監視機能など重要な役割をもつ議会の議員定数の削減を、短時日で、しかも市民に公開された議論もないまま決めようとすることは許されません。日本共産党京都市会議員団は、住民とのパイプを細くする定数削減は断固反対です。
 党議員団は、他会派に対し、①西京区、伏見区、山科区のそれぞれの選挙区の定数1増で1票の格差を是正し、住民とのパイプを太くすること、②議員報酬3割削減で3億2400万円の経費を生み出し、市民の暮らし応援と定数増の財源に回すことを求めています。
 党議員団は、そのために全力をあげます。
 市民の皆さんのいっそうのご理解とご協力をお願いいたします。

年月別目次

ページの先頭へ